FC2ブログ
2011/10 ≪  2011/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011/12
見晴らしがいいと気持ちがいい?
2011/11/23(Wed)
ケアポート八王子からの見晴らしは写真のとおりです。
今の季節は栗の木の葉が黄金色に輝きを放っています(本当に黄金だったらいいのに
ひょどり山道路を望む
                                        2階より東側を望む、右上方に八王子インター
南側を望む
                                                 2階より南側を望む(2011.11.20撮影)

見晴らしいいと、気持ちがいい?
あたりまえじゃないですか。
ここのケアマネはへそ曲がりなものですから「あたりまえ」を「なぜ?}となってしまいます。
まっ、そんなへそ曲がりに、ちょっとお付き合いください。

どうやら私たちの起源をたどって行くとアフリカの女性に行きつくらしいのです
その女性は「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれているそうです(詳しくはリンクで)。

太古のアフリカ、サバンナでの生活が人間の好みを大きく左右しているらしいのです。
樹木が点在するサバンナの環境は、身の安全と食料を求めやすいとい好条件なのです。
地上からの猛獣やハゲタカなど空から襲撃に樹木は身を隠すの必要でしたし、木に身
をひそめながら獲物を狙うことは食料獲得のために有利でした。
加えて見晴らしがいいことは「猛獣からの襲撃をあらかじめ知る」「獲物の行方を遠
くから観察して作戦を立てられる」とメリットがありました。
もう一つ、サバンナでは水の確保が重要です。水をどう調達するかは大変な不安材料
ですから、いつも雲の動きは観察していたと思います。
なので私たちは今でも雲の動きを見ていると心が落ち着きます。

もう一度上の写真をご覧ください。
太古からの「見られないで、見る」という安心条件を備えていませんか?

見晴らしがいいと 気持ちがいい~っ そうだ!紅葉狩りに出かけようっと

☆二つのボタンを一日一回クリックして応援してください。ご面倒ですがブログランキングが上昇するものですから。☆

人気ブログランキングへ
この記事のURL | つぶやき | CM(1) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ