FC2ブログ
2011/10 ≪  2011/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011/12
Let it be
2011/11/08(Tue)
ビートルズのレット イット ビーの意味が「ありのままにまかせよう」という意味であることを
最近知りました。
で、今回のブログはそれに共通する人を取り上げてみたいと思います。

先月入居した80歳代後半女性は、自宅に居た時は長男と仲良く暮らしていました。
面倒見の良い息子さんは今も面会に良く来てくれます。

しかし、なぜでしょうか。本人は一番大切な息子の名前を忘れてしまうのです。
毎日、私は息子の名前をきくのですが、思い出せません。
なぜ、一番大切で近い人の名前を忘れてしまうのでしょうか?不思議です。

「息子さんの名前なんでしたっけ?」とクイズを出してみます。
「???・・・」思い出せません。
「ハハハッなんで、忘れてしまうんだろうねェ」気にする様子はまったくありません。

名前の一文字目をヒントとして私は発音しました。
「?・・・」
名前の二文字目を言ってみました。
「??・・・」
まだ名前が出て来ません。結局、私が答えを教えます。
「あっ、そうだ!そうだった」気にする様子はありません。

ひつこい私は後日、違う方法で再度クイズをだしてみました。
メモ用紙に漢字で息子さんの名前を書いて見せて見ました。
「これって何て読む?」
あたりまえのように「○○って読む、息子の名前だよ」ですって。
息子さんの名前なんだっけ?では思い出せなくても、漢字を見せると瞬時にわかるのです。

毎日、毎日、呼んでいた息子の名前を忘れてしまって、時々しか使わない漢字は覚えている。
記憶って不思議だと思いませんか?読者の皆様。

記憶は、多分たくさんの引き出しが整然と並んでいる大きなタンスの様なものかもしれません。
若い時はタンスがしっかりしているからキシミがなく引き出しはスムーズな開け閉めが可能です。
しかし、高齢になると引き出しの滑りが悪くなって開かないものも出てきたりします。

人の名前の引き出しが開かなくなったのが紹介した利用者なのかもしれません。
開かない引き出しが一つや二つあっても気にする必要はありません。
なぜなら今は開かなくても、その中には親子の温かい想いでや優しい愛情がそのまま詰まっているからです。

ありのままにまかせよう!

Let it be です


※最近ブログのランキングが下降気味なもので、受けそうなタイトルを使いました。どうなるか


☆いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援してください。☆

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



この記事のURL | つぶやき | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |